お知らせ一覧

おしらせ

【むらまちネット】たかはら自然体験交流施設10周年記念式典・収穫祭のおしらせ

2019/10/17

平成19年3月に廃校となった日立市の高原小学校をリニューアルしてできた「たかはら自然塾」。豊かな自然環境を活かした様々な体験をすることができます。
このたび、施設開設10周年を記念して、式典と収穫祭を開催します。ぜひお越しください!

日時

令和元年11月24日(日)

  • 記念式典:午前10時30分から11時
  • 収穫祭:午前11時から

場所

たかはら自然塾(日立市十王町高原396-1)

内容

餅つき、足湯等の無料体験
焼きそば、いか焼き、焼き鳥、おこわ、地元野菜等の販売

申し込み方法

会場へ直接お越しください

問い合わせ先

たかはら自然塾
TEL 0294-39-5391
ホームページ:http://www.takahara-shizenjyuku.com/

【むらまちネット】たかはら自然塾 もみ殻燻炭作り体験を開催します

2019/10/17

たかはら自然塾にて、もみ殻燻炭作り体験を開催します。
天然の土壌改良材としてガーデニングや農業で活用できる「もみ殻燻炭作り」を行います。ぜひご参加ください。

日時

令和元年11月2日(土) 午前9時から午後2時

場所

たかはら自然塾(日立市十王町高原396-1)

受入人数

20人

料金

1,000円(もみ殻燻炭6リットルお土産つき)

申し込み方法

事前に電話にてお申込みください

問い合わせ先

たかはら自然塾
TEL 0294-39-5391
ホームページ:http://www.takahara-shizenjyuku.com/

第32回里美かかし祭 作品募集中!

2019/9/5

今年で32回目を迎える里美地区伝統の「里美かかし祭」が10月26日(土)から開催されます。作品展示は10月26日(土)から11月30日(土)の36日間です。
現在、学生の部・一般の部で展示作品を募集しております!
締め切りは令和元年10月21日(月)まで。
必要事項を応募用紙に記入の上、ぜひお申込みください。
皆様の力作をお待ちしております!

 

チラシ(応募用紙)をダウンロード

第32回里美かかし祭チラシ

賞の紹介

学生の部(小・中学生)
  • グランプリ(1本)…5万円
  • 準グランプリ(1本)…3万円
  • 優秀賞(3本)…2万円
  • 入選(3本)…1万5千円
  • 佳作…1万円
  • 努力賞…5千円
一般の部
  • グランプリ(1本)…10万円
  • ミニかかしグランプリ[2m×2m以内のかかし] (1本)…5万円
  • 準グランプリ(3本)…5万円
  • 優秀賞(3本)…3万円
  • 入選(5本)…2万円
  • 佳作…1万円
  • 努力賞…5千円

応募締め切り

令和元年10月21日(月)

作品展示期間

令和元年10月26日(土)~11月30日(土) ※36日間

応募作品

手作りのかかしとします。

作品の規格

  • 高さ1m以上、4m未満。
  • 展示期間内、屋外で雨風等に耐えられるもの。
  • かかしの名前・出展者名を記載した看板を作成してください。

作品の搬入

10月22日(火)・23日(水) 9時~17時までに搬入設置

会場

里美ふれあい館イベント広場 (茨城県常陸太田市大中町3417-1)

申込先

〒311-0505 茨城県常陸太田市大中町1653
※必要事項を応募用紙に記入し、お申し込みください。

主催

  • 2019さとみ秋の味覚祭実行委員会
  • (一社)常陸太田市観光物産協会里美支部

後援

  • 常陸太田市
  • 常陸太田市教育委員会
  • 常陸農業協同組合
  • 常陸太田市商工会
  • (一財)里美ふるさと振興公社
  • 常陸太田市森林組合
  • 茨城北酪農業協同組合里美事業所
  • 茨城県
  • (一社)茨城県観光物産協会
  • (株)茨城放送
  • (株)茨城新聞社

問い合わせ先

(一社)常陸太田市観光物産協会里美支部(常陸太田市役所・里美支所内)
TEL:0294-82-2111
FAX:0294-82-2309

くわしくは「(一社)常陸太田市観光物産協会」のホームページをご覧ください

大子町「稲刈り&おだ掛け体験会」参加者募集!

2019/9/5

毎回好評をいただいている、「ふるさと魅力発見隊」。今年度2回目は、大子町で稲刈り&おだ掛け体験を行います。
良質な地元のたい肥を使って土づくりから始めた大子町のお米は、ミネラル豊富な八溝山湧水の清流と昼夜の寒暖差などによって養分とうま味をたっぷり蓄え、おいしく育ちます。2015年には「お米日本一コンテスト」で最高金賞を受賞しました。
今回は、稲刈りとおだ掛け、草刈りを体験し、お昼には新米と奥久慈しゃもカレーを味わいます。
川遊びも行いますよ!奥久慈の恵みをぜひ体感してください!

日時 9月28日(土) 午前9時から午後2時30分
場所 大子町内
定員 30人(先着順)
参加費 大人1,500円、小人800円(昼食付)
持ち物 長靴、飲み物 ※軍手は事務局で準備します。
その他 汚れてもよい服装でお越しください。
申込み・問合せ (一社)大子町特産品流通公社<グランだいご>
電話:0295-76-8220
メール:info@daigo-iimono.com

【むらまちネット】9月29日(日) 映画「武蔵野」上映会&講演会のおしらせ

2019/9/3

森を育み森に生かされ、森と歩む、どの時代にも大切にしたいことを、江戸の循環型農業が今も息づく事例を映画で確認。映画作りに携わった方の話を聞き、農業と人の在りようを考えます。ぜひお越しください。

 

日時

令和元年9月29日(日) 午後1時30分から4時30分

場所

霞ケ浦環境科学センター多目的ホール(土浦市沖宿町1853)

受入人数

120人

料金

無料

申し込み方法

不要

問い合わせ先

認定NPO法人宍塚の自然と歴史の会 佐々木哲美
事務局:
E-mail sisitsuka@muf.biglobe.ne.jp
TEL 090-9840-7194

【むらまちネット】10月13日(日) 燈籠流し・収穫祭を開催します!【中止のお知らせ】

2019/9/3

現在、台風19号接近に伴う相当の悪天候が報道されております。
イベント当日の天候を鑑み、大変残念ではございますが、今年に限り稲刈り会・収穫祭を中止いたします。ご了承のほどお願い申し上げます。
詳しくは「古瀬の自然と文化を守る会ホームページ」をご覧ください。

 

昔の農機具体験や餅つき、小貝川での幻想的な燈籠流しなどを行います。

10月13日(日)

  • 午前:アート会場(つくばみらい市下小目の田んぼ・TX側道沿い)にて、田んぼアートの稲刈りイベント
  • 午前:小貝川河川敷にて、収穫イベント・燈籠流し

 

燈籠流し・収穫祭

日時

令和元年10月13日(日) 午後2時から7時頃まで

場所

小貝川河川敷伊奈橋たもとの河川敷 (つくばみらい市寺畑伊奈橋たもと)
※駐車場有

内容

  • 昔の農機具(足踏み脱穀機・トウミ・もみ磨りきづち臼)を使って脱穀から精米まで体験
  • 餅つき
  • 15時頃~燈籠作成
  • 18時頃~燈籠流し(地元小絹小学校5年生も作成した燈籠等およそ400個を小貝川に流します。30分程度)

受入人数

参加人数限定なし、駐車場100台完備(小貝川河川敷)

料金

無料

申し込み方法

不要(当日お越しください)

関連リンク

問い合わせ先

古瀬の自然と文化を守る会 小菅新一 TEL:090-3316-0539

「都市農村交流実践者等研修会」を開催しました!

2019/7/25

7月19日(金)、都市農村交流実践者等研修会を開催し、39人が参加しました。

今回は、新潟県燕三条地域で行われている、農業者と異業種が連携したプロジェクト「畑の朝カフェ」の取組について、広報担当の安達里枝様を講師にお迎えし、講演を行いました。

安達様からは、農産物の旬の時期に地域に人を呼び込み、その魅力を伝える仕掛けや、異業種連携の力、デザインの効果などについてお話がありました。

講演を通じて、地域の魅力の伝え方、イベントの収益性を上げる工夫、地域でさまざまなスキルを有する人を巻き込む手法、など、都市農村交流活動に参考となるポイントをたくさん学ぶことができ、有意義な研修会となりました。

 

都市農村交流実践者等研修会1
都市農村交流実践者等研修会2
都市農村交流実践者等研修会3

農村地域活性化人材育成講座「いばらきアグリCoラボ」キックオフセミナーを開催しました!

2019/7/12

県では今年度から、農業に観光などの視点を取り入れ、中山間地域の活性化に向けた「人づくり」と「事業づくり」を支援する講座「いばらきアグリCoラボ」を開講します。
このたび、本講座の開講に先立ち、キックオフセミナーを開催し、計92人が参加しました。

キックオフセミナーの内容

水戸会場

  • 日時:令和元年7月4日(木曜日)午後1時から4時30分
  • 場所:茨城県立歴史館講堂(水戸市緑町2-1-15)
  • 講師
    • 株式会社山都でしか代表取締役 八田祥吾氏
    • アグリコネクト株式会社代表取締役社長 熊本伊織氏

常陸太田会場

  • 日時:令和元年7月5日(金曜日)午後1時から4時30分
  • 場所:常陸太田合同庁舎大会議室(常陸太田市山下町4119)
  • 講師:同上

 

八田氏からは、「農家による組織の立ち上げ、地域ビジネスへの挑戦」として、同様のセミナー受講を発端に、若手農業者ら12人で設立した株式会社について、立ち上げの経緯や、地域の分析から見えてきた地域の良さを強みに変える取組についての話がありました。
熊本氏からは、「先進事例からみる地域づくりのカギ」として、「中山間地域の地域活性」の取組には正解がないが、地域のことは地域の人が責任をもって考える必要があること、地域の未来を描き、理念をもって事業を立ち上げ、継続すること、など、経営の視点をもった地域づくりの話がありました。
会場からは、地域の人の巻き込み方や本業との両立などについての質問が出され、「地域の他分野の人との関係性も増やしたい」「地域づくりの始め方や取組み方について非常に参考になった」などの感想が聞かれました。

 

 

本講座について

第1回本講座は、7月30日(火曜日)に開講します。詳細・お申込みについては、下記チラシをご覧ください。

関連書類

こちらのページもご覧ください

「茨城むらまちネット現地研修会・総会・交流会」を開催しました

2019/7/2

6月25日、都市農村交流実践者で組織する「茨城むらまちネット」の現地研修会等が茨城町で行われました。
今年の現地研修会は涸沼で行われ、涼しい風を受けながら、漁船に乗って涸沼ならではの漁を見学しました。
午後からは、総会と交流会が開催されました。交流会では、「ひろうら田舎暮らし体験推進協議会」の活動紹介や、グループに分かれてのディスカッションが行われました。
県内の会員が一堂に会し、お互いの活動について情報交換をしたりと、有意義な一日となりました。

 

「茨城むらまちネット」は、会員を随時受付中です。

茨城むらまちネットについてくわしくはこちら

令和元年度 都市農村交流実践者等研修会のお知らせ

2019/6/13

本県の都市農村交流のさらなる推進を図るため、下記のとおり研修会を開催します。
今回は、新潟県燕三条地域で取り組まれている「畑の朝カフェ」の事例から、地域の多様な主体との連携や情報発信の方策について学びます。
参加無料です。ぜひご参加ください。

日時

令和元年7月19日(金) 午後1時30分から3時30分

場所

茨城県立歴史館講堂(水戸市緑町2-1-15)

内容

講演
  • テーマ:農園に熱狂する、燕三条「畑の朝カフェ」ファン作りの取り組み紹介
  • 講師:安達 里枝氏
    (株)スマイルファーム代表取締役
意見交換

交流活動のファン作りや宣伝誘客の方法などについて、講師と出席者とで意見交換を行います。

申込先

茨城県農林水産部農地局農村計画課
TEL:029-301-4264

農村地域活性化人材育成講座「いばらきアグリCoラボ」を開講します

2019/6/6

県では今年度から、中山間地域の活性化に向けた人材育成と事業化支援を行う講座「いばらきアグリCoラボ」を開講します。
このたび、2会場でキックオフセミナーを開催しますので、興味のある方はぜひご参加ください。

講座のポイント

  • 講座名「アグリCoラボ」には、農を基点に食や観光など地域の多様な事業者等が連携し(コラボレーション)、中山間地域の課題解決策や新たな魅力を創り出していく場(ラボラトリー)という意味が込められています。
  • 本講座は今年度計5回、来年度計3回の計8回。地域を元気にしたい、新しい取組みをしたい、という意欲のある人を対象とし、地域の見方や地域資源の活用方法、人の巻き込み方などを学び、地域を牽引する力を身につけながら、自身の構想の実現に向けた事業計画づくりを行います。
  • 視察研修や個別相談などを組み込み、講座修了後も事業化に向けたサポートを行います。

キックオフセミナー

水戸会場

日時:令和元年7月4日(木) 午後1時~4時30分
会場:茨城県立歴史館講堂(水戸市緑町2-1-15)
講師:八田祥吾氏【(株)山都でしか 代表取締役】、熊本伊織氏【アグリコネクト(株) 代表取締役社長】

常陸太田会場

日時:令和元年7月5日(金) 午後1時~4時30分
会場:常陸太田合同庁舎中会議室(常陸太田市山下町4119)
講師:同上

受講対象者

農林漁業者、観光・飲食関係者、農業を中心とした事業(農泊や体験・観光農園、特産品開発等)に興味のある方、中山間地域の活性化に意欲のある方など。
※キックオフセミナーは、中山間地域に関係する方に限らず、どなたでも参加できます。

申込先

(株)JTB水戸支店(TEL:029-225-5233)

「エゴマの学校」生徒募集中!

2019/5/23

平成30年度茨城県農家民宿・農業体験モニターレポートを公開しました

2019/5/17

平成30年度茨城県農家民宿・農業体験モニターレポートを公開しました。ぜひご覧ください。

  • イタリア、フランス女子が「農家民宿響」を拠点に田舎暮らし体験(常陸大宮市)
  • 里美古民家の宿「荒蒔邸」で田舎暮らし体験(常陸太田市)
  • イタリア、ブルガリア女子が「農家民宿Iimura」を拠点に日本文化体験(桜川市)
  • 「農家民宿Iimura」でほっこり女子旅(桜川市)

 

平成30年度茨城県農家民宿・農業体験モニターレポートはこちら

ガイドブックに「おいでよ!いばらき県北 〜里・山・川・海 まるごと体験〜」デジタルブック版を追加しました。

2019/3/26

ガイドブックに「おいでよ!いばらき県北 〜里・山・川・海 まるごと体験〜」デジタルブック版を追加しました。

自然あふれるいばらき県北の魅力と体験メニュー、体験施設、農家民宿などをご紹介します。ぜひご覧ください。

ガイドブックはこちら

「活力ある農村地域づくり講座~人・モノ・コトの活用方法を学ぶ~」を開催しました

2019/3/7

平成31年2月28日、常陸太田合同庁舎で「活力ある農村地域づくり講座」を開催しました。

当講座は、昨年度まで県が実施した「中山間地域アグリビジネスモデル創出調査研究事業」で得られた知見を広げることを目的とし、一般県民や行政関係など25名が参加しました。

東京農業大学農山村支援センター学術研究員の中山幹生氏、同大地域環境科学部准教授の入江彰昭氏を講師にお招きし、地域づくりのサイクルや、特に重要となる、地域の合意形成や体制構築、地域の人材のつなげ方などについて、実例を交えて講義が行われました。

そして、事前課題をもとに、受講者の考える企画や課題などについてグループワークを行いました。
受講者の多くに共通する課題としては、「アイディアを形にするための、人のつなげ方・つながり方」「地域リーダーの必要性」などが挙げられました。

講師からは、「目標を共有する人数人で動いてみて、「楽しそう、何をやってるのかな」とだんだん興味を持つ人が増えてくればよい」、「地域づくりでは、PDCAの「Do」をやってみることが大事」、「マルチキャリアが求められる今、地域に入って人と関わることで得られるものは大きい」などとアドバイスをいただきました。

受講者相互の得意分野を活かした新しいアイディアが出るなど、受講者同士の新たなつながりも生まれ、実りある講座となりました。

 

「都市農村交流推進研修会」を開催しました

2019/2/22

平成31年2月20日、県立歴史館にて「都市農村交流推進研修会」を開催しました。

第1部では、熊本県で農家レストランや人材育成事業に取り組んでいる、本田節さんを講師にお迎えし、地域の「食」を通じた人づくり、地域づくりをテーマに、コミュニティビジネスの経営者として地域振興にかける熱いお話をいただきました。

第2部では、「これからの都市農村交流と地域づくり」をテーマに、パネルディスカッションを行いました。
パネリストからは、「地域コーディネーターは相手のニーズを知るための勉強も必要」、「地域の気運を興すには、種火になる人が仲間を作り、小さい輪から広げていくとよい」、「九州では、オール九州で、農業者だけでなく異業種も加わった農泊の組織化を進めている。広域ブロックで観光コンテンツを考える必要がある」といった意見が出されました。

5年後、10年後を見据えた中での持続可能な地域づくりに向け、都市農村交流活動を進化させていく必要や、それに必要な地域マネジメント力、コーディネート力の重要性をあらためて認識した研修会となりました。

 

ガイドブックダウンロードに「中山間地域アグリビジネス創出のための手順書」を掲載しました

2019/1/28

「活力ある農村地域づくり講座~人・モノ・コトの活用方法を学ぶ~」を開催します(2月28日)

2019/1/23

活力ある農村地域づくりに向けて、地域の農業者や地元住民の巻き込み方や新たなプロジェクトの作り方など、人・モノ・コトの活用方法を学ぶ講座を開催します。
地域づくりに関心のある方は、ぜひご参加ください。

講座の詳細につきましては、県農業総合センター「いばらき農業アカデミー」ホームページをご覧ください。

 

「いばらき農業アカデミー」ホームページ

「平成30年度 都市農村交流推進研修会」のおしらせ

2019/1/18

都市農村交流は、地域環境の保全や住民間のコミュニティづくり、所得の向上等に寄与するものとして、各地で取り組まれているところですが、経済的あるいは人的な持続性に課題を有することも多く、これらの課題を解決していくことが、ひいては地域の持続性にもつながっていくといえます。
そこで、今回は「これからの都市農村交流と地域づくり」をテーマとし、都市農村交流の意義や課題をあらためて考えながら、農村地域の持続性につながるような方策を見出すことを目的に、本研修会を開催します。ぜひご参加ください!

日時

平成31年2月20日(水) 13:30~16:00

場所

茨城県立歴史館 講堂(水戸市緑町2-1-15)

参加費

無料

内容

  • 講演
    「食でつなげる、ひと・まち・くらし」
    講師:食・農・人総合研究所リュウキンカの郷主宰、(有)ひまわり亭代表取締役 本田 節氏
  • パネルディスカッション
    テーマ:これからの都市農村交流と地域づくり
    モデレーター:堀田 誉氏((株)Co-Lab取締役 茨城県6次産業化プランナー)
    パネリスト:本田 節氏
          宮田 孝之氏(いばらきグリーンツーリズム(一社)常陸太田市観光物産協会参事)
          森戸 香奈子氏(じゃらんリサーチセンター研究員)

体験施設に「さしま茶 長野園」を追加しました。

2019/1/10

「さしま茶 長野園」の情報を追加しました。
実際に紅茶を製造している製茶工場で、あなただけの紅茶を一緒に作りませんか。
ぜひご覧ください!

「さしま茶 長野園」はこちら

「平成30年度 茨城むらまちネット現地研修会」を開催しました

2019/1/10

平成30年12月5日(水)に、都市農村交流活動の理解促進と茨城むらまちネット会員相互の交流を深めるため、現地研修会を開催いたしました。

日時: 平成30年12月5日(水)10時~15時
場所: 農家レストランどんぐりてい(坂東市弓野289-2)

ホームページはこちら

米粉を使った料理講習会

倉持さんの指導を受けながら米粉ドーナツ作りに挑戦しました。
小麦粉を使用しないため、グルテンアレルギー持ちの方でも安心して食べられるスイーツです。シンプルな作りだからこそ米粉の美味しさが伝わりやすい一品です。

米粉を使った料理講習会
米粉を使った料理講習会

昼食会

倉どんぐりていさんでの人気メニューのお蕎麦とおにぎりのセットをいただきました。おにぎりはかまどで炊いたお米を使用しており、一粒一粒ふっくらとしていて「美味しい!」という感想が多く挙がっていました。

昼食会
昼食会

農家レストランどんぐりていさんの年間活動紹介・交流会

農家レストランをオープンするために自分たちで古民家を改装したことや、子どもたちへの農業体験の場の提供など、どんぐりていが生まれたきっかけから、現在取り組んでいる農業体験までをお話しいただきました。
交流会では都市農村交流に関する活発な意見交換が行われ、参加者にとって有意義な時間になったようです。

農家レストランどんぐりていさんの年間活動紹介・交流会

「農家民宿を開業してみませんか?」パンフレットを更新しました。

2019/1/9

「平成30年度 都市農村交流実践者等研修会」のおしらせ

2018/6/25

都市農村交流は、農業・農村体験を通して農村地域の活性化を図るものとして各地で取り組まれていますが、近年は、農村地域に宿泊し、伝統的な生活体験と人々との交流を楽しむ「農泊」が注目されています。
そこで、今年度は「【農泊】で地域を元気に!」をテーマに、最新の農泊事情も取り入れた研修会を開催します。
ぜひご参加ください。

日時

平成30年7月25日(水) 13:30~16:00

場所

茨城県立歴史館 講堂(水戸市緑町2-1-15)

参加費

無料

内容

  • 講演
    「我が家・地域ぐるみで実践できる農山漁村での体験メニューの作り方」
    講師:(一財)都市農山漁村交流活性化機構 業務部次長 花垣紀之氏
  • 事例発表
    「JTBが取組む食農観光~農泊推進の考え方・ヒント」
    講師:(株)JTB法人事業本部事業推進部地域交流事業チームマネージャー 中澤政人氏
  • 制度紹介
    「住宅宿泊事業法について」
    講師:県生活衛生課

平成29年度茨城県農家民宿・農業体験モニターレポートを更新しました。

2018/5/14

「農家民宿 南」の情報を追加しました。

2017/11/13

「農家民宿 南」の情報を追加しました。
ぜひご覧ください!

「農家民宿 南」はこちら

「農家民宿 Iimura」の情報を追加しました。

2017/9/4

「農家民宿 Iimura」の情報を追加しました。
ぜひご覧ください!

「農家民宿 Iimura」はこちら

Iimura

「NORAGI CONTEST」の実施について

2017/4/14

NHK水戸放送局とJA茨城県中央会と茨城県では、「NORAGI CONTEST」の公開収録を実施します。
この番組では、茨城で活躍する若手農家さんをモデルに、県内の高校生が制作したオリジナル野良着をコンテスト形式で披露します。高校生が農作業体験をして考え抜いたファッショナブルで高機能な野良着を通して、「茨城=COOL農業」であることを存分にPRします!
観覧をご希望の方は次の要領でお申し込みください。

名称

NORAGI CONTEST

日時

平成29年5月14日(日)

開場:午後1時20分
開演:午後2時00分 終演予定:午後4時00分
※開場・開演・終演時間は、変更になる場合がございます。

会場

茨城県庁 講堂 (水戸市笠原町978番6)

出演

磯山さやか(タレント)、林マヤ(モデル・タレント・芸農人)ほか

 

参加校

  • 県立石岡第二高等学校(生活デザイン科)
  • 県立取手第二高等学校(家政科)
  • 県立鉾田第二高等学校(生活科学科)
  • 県立水戸第三高等学校(家政科)
  • 県立竜ヶ崎第二高等学校(人間文化科)
  • 大成女子高等学校(家政科)
  • つくば国際大学高等学校(家政科)

申込方法

入場無料。郵便往復はがきでお申し込みください。
「往信用裏面」に郵便番号、住所、名前、電話番号、
「返信用表面」に郵便番号、住所、名前を明記してお申し込みください。
※応募多数の場合は、抽選のうえ入場整理券(1枚で2人入場可)をお送りします。
※インターネットオークション等での転売を目的としたお申し込みは固くお断りいたします。

あて先

〒310-8567(住所不要)
NHK水戸放送局「NORAGI CONTEST」係

しめ切り

平成29年4月24日(月)必着
※4月27日(木)頃、当選(落選)はがきを発送する予定です。

放送予定

未定 ※決まり次第ホームページでご案内します。

問い合わせ

NHK水戸放送局 電話029-232-9722(24時間・自動音声案内)
NHK水戸放送局 ホームページ http://www.nhk.or.jp/mito/

ホームページをリニューアルしました!

2017/3/31

「夢ひたちファームなか里収穫祭」のお知らせ

2016/11/7

そば打ち体験及び収穫祭

なか里の「おいしい」を収穫祭で味わってみませんか?
種類豊富な献立の他にも竹細工体験メニューを用意しています。

期日

平成28年11月19日(土) 11時から14時

場所

中里交流センター(日立市東河内町1953-2)

収穫祭献立

  • つきたてお餅(きな粉、あんこ)
  • オレンジ白菜のミルフィーユなべ
  • ちっちゃめおじゃがのおみそころがし
  • りんごのスイートポテト大福
  • スティック大学芋
  • 中里フルーツのサングリア風(りんご、キウイ、ゆず等)
  • 鶏と秋野菜のグリル
  • とろける手作り刺身こんにゃく
  • 新そば粉のそば・うどん
  • 具だくさん!中里けんちん汁
  • 木村シェフの特製!ばくだん揚げ

※内容の一部を変更する場合があります。ご了承ください。

参加費

1,500円 ※体験メニューもあります。

申込方法

電話にて下記お問合先までお申し込みください。

お問合せ先

夢ひたちファームなか里 梶山 明子
電話:090-5419-1373
E-mail:yumehitachi.farm@gmail.com
URL:http://www.net1.jway.ne.jp/yumehn/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/yumehitachi/

「そば打ち体験及び収穫祭」のお知らせ

2016/10/31

そば打ち体験及び収穫祭

家庭でできる年越しそばの打ち方を実践してみませんか?
そば等の昼食付きです。
詳しい献立は来場時のお楽しみです。

期日

平成28年12月18日(日) 10時から15時

場所

常陸大宮市小倉東部コミュニティセンター

募集人数

20名(そば打ち体験)
※当日は、「収穫祭」を開催しております。こちらについては、ご自由にご参加ください。

参加費

800円

申込方法

電話にて下記お問合先までお申し込みください。

お問合せ先

03農苑 黒澤勝
電話/FAX:0295-53-0531(19時から21時の間にご連絡ください。)

「NPO法人アグリやさと」さんの活動を紹介します!

2016/10/27

※体験等のお申し込みについては、施設・団体等に直接お問い合わせください。
※農業農村体験は気候・天候に左右されやすく、時期や内容が変更される場合がございますので、必ず事前に確認・予約をされますようお願いいたします。