「平成30年度 都市農村交流推進研修会」のおしらせ

都市農村交流は、地域環境の保全や住民間のコミュニティづくり、所得の向上等に寄与するものとして、各地で取り組まれているところですが、経済的あるいは人的な持続性に課題を有することも多く、これらの課題を解決していくことが、ひいては地域の持続性にもつながっていくといえます。
そこで、今回は「これからの都市農村交流と地域づくり」をテーマとし、都市農村交流の意義や課題をあらためて考えながら、農村地域の持続性につながるような方策を見出すことを目的に、本研修会を開催します。ぜひご参加ください!

日時

平成31年2月20日(水) 13:30~16:00

場所

茨城県立歴史館 講堂(水戸市緑町2-1-15)

参加費

無料

内容

  • 講演
    「食でつなげる、ひと・まち・くらし」
    講師:食・農・人総合研究所リュウキンカの郷主宰、(有)ひまわり亭代表取締役 本田 節氏
  • パネルディスカッション
    テーマ:これからの都市農村交流と地域づくり
    モデレーター:堀田 誉氏((株)Co-Lab取締役 茨城県6次産業化プランナー)
    パネリスト:本田 節氏
          宮田 孝之氏(いばらきグリーンツーリズム(一社)常陸太田市観光物産協会参事)
          森戸 香奈子氏(じゃらんリサーチセンター研究員)

※体験等のお申し込みについては、施設・団体等に直接お問い合わせください。
※農業農村体験は気候・天候に左右されやすく、時期や内容が変更される場合がございますので、必ず事前に確認・予約をされますようお願いいたします。