茨城県常陸太田市里美地区秋の風物詩、「第34回里美かかし祭」が開催中です。新型コロナウィルスの収束を願った作品や東京五輪、パラリンピックなど、さまざまな作品が展示されています♪

展示期間

11月27日(土)まで

場所

里美ふれあい館(常陸太田市大中町3417-1)

「(一社)常陸太田市観光物産協会」Facebookはこちら

茨城県の里山暮らしの魅力を発信している「おしゃらぐ農園」が、メンバー一押しの旬の商品を一箱にまとめた「スイーツBOX」、「お野菜BOX」、「おしゃらぐBOX」、さらに、オンライン料理教室を行う「キッチンBOX」の販売を、期間限定で行っています。

商品
  • 「スイーツBOX」3,500円(送料込み)
  • 「お野菜BOX」4,000円(送料込み)
  • 「おしゃらぐBOX」8,000円(送料込み)
  • 「キッチンBOX」2,500円(オンライン料理教室チケットのみ 1,000円)
注文受付期間

9月25日(土)~10月10日(日)

商品発送日

10月20日(水)

商品到着予定日

10月21日(木)

 

商品詳細・注文方法につきましては、「おしゃらぐ農園」Facebookをご覧ください。

「おしゃらぐ農園」Facebook

「オフィス里地里山」が「在来大豆の援農~常陸太田市における「金砂郷青御前」の収穫~」イベントを開催します。ぜひご参加ください!

在来 大豆の援農 -常陸太田市における「金砂郷青御前」の収穫 –

【茨城むらまちネット】「オフィス里地里山」イベントのお知らせ
開催日

令和3年11月7日(日) 10:00〜15:30 (雨天順延)

会場

まったり〜村の小さな農園
(茨城県常陸太田市小菅町1215、隣接施設「里山 re トリート響」)

対象

高校生以上 ※2名以上のお子様連れでの参加は、ご遠慮ください。

参加費

2,500円(税込) ※傷害保険料込、昼食、お土産付。当日受付にて受領

服装・持ち物

農作業用の服・靴(長靴等)、帽子、収穫用のカマ、タオル、飲み物、感染予防マスク
※収穫用のカマをお持ちでない場合、お申し込み時にお伝えください。

アクセス

マイカーご利用の場合:国道349号線沿い「道の駅さとみ」から、南西へ約3分
※農園近くに広い駐車場を用意しており、詳細は受付時にお知らせします。

プログラム
  • 10:00〜10:15 上演会ー大豆「金砂郷青御前」が実るまでー
  • 10:20〜12:20 作業内容の説明、大豆の収穫 ※適宜休憩
  • 12:30〜13:20 昼食、休憩
  • 13:20〜15:00 大豆の収穫、乾燥の準備 ※適宜休憩
  • 15:00〜15:30 お土産の配付・説明、農家への質問会

閉会後、農園の直売所でお買い物が可能です。

申込方法

参加希望の方は電話、メール、またはWebフォームから申込みください。

Webフォーム
お申し込み・お問合せ先

オフィス里地里山
茨城県日立市西成沢2-20-1
(公財)日立地区産業支援センター内
TEL: 090-5060-8582(受付 8:30〜17:30)
E₋mail: satochisatoyama8@gmail.com

本県の都市農村交流のさらなる推進を図るため、「都市農村交流実践者等研修会」を開催します。
今回は、「企業との連携による都市農村交流活動の継続」をテーマに、企業による農村交流活動の傾向や企業との農村交流活動の始め方等を学びます。
参加料は無料です。ぜひご参加ください。

令和3年度都市農村交流実践者等研修会

日時

令和3年8月24日(火)
午後1時30分から午後3時30分まで

形式

オンライン
※Webex Meetingsを使用したオンライン研修会。

内容
  • 講演 (午後1時40分〜午後3時10分)
    テーマ:「持続的な企業との農村交流活動を目指して~取組事例に見る傾向と対策~」
    講師: (一財)都市農山漁村交流活性化機構 業務第1部グリーン・ツーリズムチーム長 花垣紀之氏
  • その他 (午後3時10分〜午後3時30分)
    「とちぎの農村めぐり2021について」
    講師: 栃木県農政部農村振興課
講師紹介

花垣紀之氏
(一財)都市農山漁村交流活性化機構 業務第1部グリーン・ツーリズムチーム長

  • 機構にて、日本でグリーン・ツーリズムが提唱された当初から20年以上にわたり、国内のグリーン・ツーリズムの推進に従事。
  • 全国各地を飛びまわり、都市農村交流に関する幅広い内容の講演等を担当。
  • 現場ニーズ等の変化に対応し、訪日外国人受入れに関する研修も担当。
花垣紀之氏

申込方法

以下のリンクより、申込書をダウンロードし、必要事項をご入力のうえ、メールまたはFAXにてお申し込みください。 申込書をダウンロード

お申し込み・お問合せ先

茨城県農林水産部農地局農村計画課 農村活性化グループ
メール: nokan4@pref.ibaraki.lg.jp
TEL: 029-301-4264 FAX: 029-301-4169

県では、農村地域の活性化に取り組む人材を育成し、また、農村地域を面白くするアイデアを事業化するための支援を行う講座「いばらきアグリCoラボ」を開講します。
今年は、全3回の講座やグループミーティングを実施します。
農村地域の活性化に取り組む実践者の講演や、食と農業専門のコンサルティング会社による個別相談の実施など、魅力的な内容となっています。
現在、受講生を募集していますので、興味のある方はぜひご参加ください。

第1回講座

  • 日時
    令和3年8月27日(金)午後2時から午後5時まで
  • 会場
    水戸生涯学習センター 中講座室
    (茨城県水戸市三の丸1-5-38 茨城県三の丸庁舎 3階)
  • 講師
    本田和也氏【(一社)唐津アグリ旬 代表 (YKカンパニー代表取締役)】
    飯田萌美氏【おしゃらぐ農園 代表(memeguru 代表)】
受講対象者

県内の農林漁業者、飲食・観光関係者、農業関連事業者(農泊、体験・観光農園、農林漁家レストラン、直売所、農産加工等)、その他、地域資源を活かした農村(中山間)地域※の活性化に関心のある方など。
※日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、常陸大宮市、桜川市、城里町、大子町。
なお、この地域の活性化に関心のある方なら、県内のどの地域にお住まいの方でもご参加できます。

申込方法

以下のリンクより、申し込みフォームに必要事項をご入力のうえ送信してください。

申し込みフォームはこちら

必要事項を記載したメールによるお申し込みも受け付けております。くわしくはチラシをご覧ください。

チラシをダウンロード

申込締切

令和3年8月16日(月)午後6時まで

お問合せ先

株式会社JTB水戸支店
TEL:029-225-5233

令和3年6月25日(金)に、都市農村交流実践者で組織する「茨城むらまちネット」の総会と併せて、現地研修会等を開催しました。
今年は、「認定NPO法人 宍塚の自然と歴史の会」(土浦市)のご協力のもと、午前中は宍塚の里山や集落を散策する現地研修会、午後は総会及び「認定NPO法人 宍塚の自然と歴史の会」より会の取組について発表いただく交流会を行いました。里山の保全活動、自然観察会、環境教育、広報活動等の取組について学ぶとともに、茨城むらまちネット会員同士による意見交換をしたりと、有意義な一日となりました。

 

「令和3年度茨城むらまちネット総会・交流会・現地研修会」を開催しました
「令和3年度茨城むらまちネット総会・交流会・現地研修会」を開催しました
「令和3年度茨城むらまちネット総会・交流会・現地研修会」を開催しました
「令和3年度茨城むらまちネット総会・交流会・現地研修会」を開催しました
「令和3年度茨城むらまちネット総会・交流会・現地研修会」を開催しました
「令和3年度茨城むらまちネット総会・交流会・現地研修会」を開催しました

「茨城むらまちネット」は、会員を随時受付中です。

茨城むらまちネットについてくわしくはこちら

農山漁村に滞在し、その土地の食や文化などを楽しむ滞在型旅行、「農泊」。
自然に恵まれた茨城県では、首都圏からちょっと足を伸ばすだけで、里山や漁村の豊かな暮らしを体感することができます。
このたび、茨城県の農泊地域を紹介するページができました。ぜひ、ご覧ください。

 

https://www.ibarakiguide.jp/ibaraki-staylocal.html (「観光いばらき」ホームページ)